マナーを制する者は仕事も制する

アルバイト初日におけるマナーについて

アルバイトは正社員の練習段階だ。一般企業でマナーの悪い人はあまり好かれずいつの日にかクビになってしまう。そうならないためにもアルバイトで適切な行動をしなければいけない。特にバイトの初日は注意が必要である。初日というのは互いにある程度の距離感を置き、探り探り性格を見極める日である。そのため初日で態度の悪いことをしてしまうと、全人格を疑われてしまうので要注意だ。そこで初日のマナーについて紹介する。まず服装と持ち物のチェックから。服装は絶対にカジュアルに決めること。アルバイトで制服を着用するのは若干堅いので、浮いてしまうがそれも間違いではない。結果的に悪い印象を与えない服装を選ぼう。持ち物はその人の管理能力を見透かされてしまう。忘れ物をするような人に作業を任せられないという気分にさせないよう、しっかりと持っていくものは確認すること。次に、出勤について。出勤前は10分から15分前に勤務先に到着すること。大概のところでは制服を支給されるので、着替える時間含めて出勤しないと迷惑をかけてしまう。また早過ぎると作業の邪魔になるので、10分から15分前がベストだろう。そして、仕事場に着いたら、邪魔にならない程度に挨拶をすること。特に面接を行った人には必ず挨拶をし、少しでも相手に良い印象を与えるべきだ。最後に、初日の勤務態度についてだ。初日は基本的に仕事内容を教えてもらう期間である。ここでは必ず分からないことを無くす努力をすること。一番嫌われるのが分かったふりをすることなので気をつけて欲しい。以上がバイトの初日のマナーだ。社会人でも必要とされることなのでしっかりとすることを気をつけたほうがいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です