マナーを制する者は仕事も制する

面接時に守りたい最低限のこと

アルバイトをはじめるには面接を突破して採用して貰わなければならない。その時ためにはマナーをしっかりと守る必要があるのだ。そこで最低限、抑えておきたいマナーとはどんな物なのか理解しなければならない。そして理解だけでは無く、実践をする必要がある。まず携帯電話の電源を切っておく必要があるだろう。面接官が質問をしている時に、携帯電話が鳴ったら失礼である。面接を始める前は電源を切って確認をしておくと良い。マナーモードにしていてもいけないので注意が必要だ。さらに服装にも気を付けたい。仕事の面接である事を忘れてはならないだろう。遊びでは無いのだから、その点をしっかりと弁えておく必要がある。女性の場合は、化粧が、ファッションだと言っても、注意をしておかなければならないだろう。そしてピアスやネックレスなどのアクセサリーにも気を付ける必要がある。派手な物を身につけてはいけないのだ。ただし例外もある。例えばアパレル関係の仕事だと、ファッションセンスが問われる所もあるからだ。ただし、そのショップが取り扱っているブランドとは違うブランドのロゴが入っているような服装で行くと、喧嘩を売っているようにしかならない。その点はくれぐれも注意が必要だ。さらには面接の場所になるべく早く到着しておくのが望ましい。ただし、10分前ぐらいにしていた方が良いだろう。あまりに早く行き過ぎたら相手の予定を狂わせてしまうので迷惑になる。そして遅刻しそうならば、早めに連絡をする必要がある。もちろん面接予定時間を越える前にだ。社会人ならこうしたことが当たり前なのだが、社会経験が少ない人や学生などは知らないこともあるだろうから注意が必要だ。こうしたマナーが採用に影響するため、どんなことに気をつけるべきかどうかは事前に調べておくことをおすすめする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です