マナーを制する者は仕事も制する

接客問題を解消できる経験値

お客を相手にする仕事では、接客の際のマナーが重要な手掛かりとなる。しかし、スタッフ全員が接客に適した作法を修得できているとは限らない。もし仕事が上手くいかないと感じるようであれば、作法について見直してみるといい。アルバイトを始めてみると、接客マナーが実は難しい事が分かる。接客では、臨機応変さが求められるという問題がある。人によって接し方を変えなければ、かえって失礼になることが多い。状況に合わせて最適な接客ができる実力を身に付けるには、なにより経験を積む事がふさわしい。多くの人への接客経験を持つことにより、相手の特徴を捉えて適切な対応ができる。そのため、接客の高度なマナーを身につける方法として、多種多様な人が利用する店舗での接客の仕事が、スキルアップには役に立つ。まだ接客のアルバイトを始めたばかりであれば、失敗して相手を不機嫌にさせてしまうようなこともあるかもしれない。しかしそのような経験から失敗を学んでいくに従って、次の失敗を防ぐ効果がある。接客が上手になれば、職場でもその働き振りを高く評価してもらう事ができる。それだけに、接客技術を磨いておくことに損はない。アルバイト店員は接客作法が悪いというイメージを覆し、たとえ臨時の仕事ではあっても十分に接客をこなせるところを見せる必要がある。サービスを受ける側はもちろんのこと、接客する側にとっても、接客の作法を守って接する事ができるのは気持ちがいいものだ。そういうマナーをちゃんと教えてくれる職場は「研修制度あり」「先輩のフォローあり」というように求人サイトに記載されているはずだ。ここのポイントを見逃さず、研修制度のある求人を探すことが自分のためだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です