マナーを制する者は仕事も制する

アルバイトでも同じ社会人

社会で働く以上、マナーは当然ながら存在し、守らなければならない。アルバイトだからといってマナーを守ることが免除されるということはあり得ない。働く会社の中ではアルバイトという立場であっても、周りの人から見れば、特に客商売の場合はお客さんから見れば、アルバイトも正社員も関係ない。その場にいるスタッフ全員が同じレベルにあることを期待するのだ。よって、社会人として必要なルールをしっかり身につけておかなければならない。ルールの中には、相応しい身だしなみ、敬語を使うこと、はっきり相手に伝わるように話すことなどが含まれる。こうしたルールをしっかり押さえておかないと、社会では円滑に物事が進んでいかない。立場に関係なく必要な要素なのだ。それに加え、働く会社内のルールを順守することも、大切なことだ。社内ルールを守らないと、問題が発生しやすくなるし、もし問題が発生したときに大きな叱責を受けることもある。出勤日になんらかの事情で会社に行けないこともあるだろうが、中にはその旨を連絡せずに無断で休む人がある。そうなると非常に大勢の人に迷惑がかかる。これは社会のルール及び会社のルールの両方を守っていない例だ。どんな立場であろうと、決められた枠の中で働くことができない人は、多くの人に余計な心配をさせ、負担を強いることになる。こうした人は改善を図らない限り、仕事をくびになったり、大きな問題を起こしてしまうだろう。マナーを守ることはとても大切なことなのだ。